金欠生活にならない為にもやるべき事

自分自身が結婚して、まだ間もなかった頃、子供が出来て嫁さんが産休に入り、少ないお小遣いでやりくりしていた時の話です。

当時のお小遣いは、恐らくは一般の平均の方たちと比べたら少なかったです。

月に1万円でした。

産まれてきた息子を支えにして、毎月を耐え偲んでいました。

当時は喫煙をしてましたが、無理矢理強制的に禁煙です。

タバコなんか帰る金がないからです。

月に1万円のお小遣いを、 まずは、一週間単位で割ります。

4週だと2千5百円で、5週だと2千円でした。

ほとんど、昼食代で消化して消えていきなくなっていくのが、いつものパターンでした。

そういう生活もストレスが溜まり、疲れてくるので、たまには、気の合う友人と飲みにも行きたいものです。

その為に、1ヶ月ぐらい自作で、弁当を作って、お小遣いを浮かせる作戦に出ました。

妻が作ってくれた夕飯のおかずを少しだけ残し、スーパーで単価の一番安い卵とハムを購入して、日割りで分割して利用しました。

一週間で千円ぐらい浮くので、1ヶ月で、4千円ぐらい貯まりました。

リーズナブルな居酒屋ぐらいなら、一回分は十分に行けるお金は貯まります。

金欠で苦しむ方は、自分もそうでしたけど、後先考えずに楽観的に浪費してしまいます。

始めは、お小遣い帳で良いので、何に使って浪費したかをメモる事をオススメします。

1ヶ月、記していくと無駄に使っている事が浮き彫りになってきます。

それを修正して、減らしたり、無くしたりすれば改善されるのですが、精神的に耐えなければいけません。

達成すれば、自分の中に満足感が芽生えてきて、節約する事が楽しくなってきます。

是非、挑戦して見て下さい。

アコム 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です