居酒屋苦戦の中、鳥貴族は快調

チェーン店、個人経営問わず居酒屋が苦戦する中、「鳥貴族」が売り上げを伸ばしているそうです。少し前、私が住む町にも鳥貴族ができました。私は鶏肉それほど好きではないので、実は1度も言ったことはないのですが、飲んだ後、お店の前でおしゃべりしている人たちをよく見かけるし、店内も賑わっている様子。シャッターが下りっぱなしの店舗も多い商店街の中で、ずいぶんと流行っているようです。お店の前を通るたびに活気を感じています。この活気に惹かれてますますお客さんが集まるように思います。近所の不動産屋さんの話だと、値段が安い鶏肉で商売をしようと店舗となる場所を探しにくる人が多いということでしたが、そう言われてみると、居酒屋に限らず、唐揚げメインの惣菜やさんなど、鶏肉関係よく見ます。鳥貴族は安さだけで勝負をしているわけではなく、今時珍しく国産の食材にこだわっているそうで好印象ですが、流行の移り変わりが激しい日本で、店名に堂々と「鳥」と謳った居酒屋チェーンがこのまま存続するのか、数年後には店名を変えるような事態になるのか、気になります。若者のアルコール離れや「家飲み」という言葉が生まれたり、居酒屋は苦境と聞く中、個人経営のお店にこそ頑張ってほしいとも思っているのですが。みずほ銀行カードローン審査基準!今すぐ審査に通る必勝法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です