世界有数の禁煙大国日本は一体なにを目指すのか

東京オリンピックという一つの区切りに向かって、最近はますます喫煙家に厳しいご時世となっています。そんな肩身の狭い喫煙家の皆さんには、やや朗報ともいえるニュースをみかけました。厚労省が出していた「飲食店の屋内は原則禁煙」という案を、「厳しすぎる」という自民党の反対に折れて、塩崎大臣が調整すると表明したそうです。この異常なまでの喫煙への圧力は、タバコを吸わない私ですら首をかしげてしまいます。ニュースなどを見ているとよく使われるワードは、「海外に比べて日本での受動喫煙への対策は遅れています。」というものです。私は旅行が好きなので海外にもよく行きますし、海外在住経験もあります。海外の友人も何人かいます。個人的な感覚ですが、タバコにここまで敏感な国は日本以外に知りません。私も以前はこういったニュースの言葉を信じていましたが、実際海外にいくとタバコを吸う人の多さに驚きました。海外ではタバコ規制どころか、大麻を合法にという動きが広がっているほどです。こんなにタバコを吸う若者が少なくて、こんなに分煙システムや喫煙ルームが設置してある国が他にどれほどあるのだろうと、世界を賞賛して日本を卑下するニュースを見ながら思うわけです。キャッシング 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です