お金が無い時には、エアコン代金を削りましょう

まず、家族や部屋数が多い程、エアコン代金が上がってしまいます。
特に、寒い場合はランニングや入浴直後の就寝に寄って温かさを維持できます。運動や保温効果によって基礎代謝が上がると、寒さを感じにくくなります。
次に、夏場は33℃を超える場所を避けます。休日の昼頃は、図書館のようなクーラーの効いた公共の場に移動し、暑さを凌ぎます。
しかし、調理をしている時には40℃超過となり、熱中症の危険性を伴うので調理時間の少ない素麺や冷やし中華、サラダや酢の物を中心に食べる事をお勧めします。
また、夜の寝苦しさは氷枕で解消できます。保冷剤を家族分冷凍庫に保管し、毎年入れ換えておけば清潔感に問題がありません。
そして、冬はできるだけスパッツやヒートテック等のズボンや上着の下に着ける素材に注意します。ファッション性を損なわずに寒さを和らげるには、温かい遠赤外線の物やアクリルを選ぶ必要があります。
ほかには、フリースにすると体の拒絶反応が起きにくく、冷えにくいです。
しかし、羊毛やシルク等の高級天然素材には、敵いません。モビット審査
最後に、靴下や手袋、マフラー等の安く買える物をシルク等の天然素材に替えると、エアコンが無くても温かいです。
部屋の気温が0度に近い日でも、寒さを感じずにいられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です