消費税増税よりも先にすること

消費税が2017年には今の8%から10%に上がります。国民への負担はさらに大きくなると見込まれていますが、消費税増税よりももっと先にすることがあるのではないでしょうか。政治家からの逮捕者がでる、お金の問題といろいろと毎日のようにニュースになっています。まず政治家全体の給与を見直すべきでしょう。そしてノルマ制にしてもっと厳しい状況での仕事に取り組んでいただきたいものです。ノルマを達成できない場合は減給や辞職といった制度を設けるべきです。これは国民から大量の税金をもらっている立場であればできることでしょう。たしかにお金を運用していくのは困難を極めることだと思います。しかし政治家になった以上はそれ相応の責任が生じます。それに対してはあまり責任感のない政治家が多いように感じる毎日です。アメリカで警察官の行動を記録する耳に装着するカメラが導入されました。これは警察官の善悪の行動全てを記録するようになっています。このカメラを日本の政治家も装着するのを義務化してもいいと思います。もっと政治家の職務の状況を厳しくしても妥当ではないかと考えます。そうすることで政治家になったらもう安泰という概念もなくなるでしょう。カードローン審査

安保法案賛成してる人はいるのだろうか

連日放送それている国会放送。
その中で、衆議院を可決した安保法案。
周りのニュース、そして評論家の話を何度聞いても
私も反対としか言いようがない

自分の子どもを戦争にやりたくない、そうゆう安易な理由ではない。私たちが戦後70年、日本国憲法のおかげで
諸外国が戦争をしていても戦争に巻き込まれることはなかった。

このような考え方が、国際情勢の中で利己中心的な考え方と言われるかもしれない

しかし日本の船舶を守ってくれる、アメリカが攻撃されたら、見本が攻撃を加えて良い。このような状態の、攻撃の可否を判断する明確な基準があるのだろうか?

そして自衛隊や日本人が兵隊となり他国民を傷つけたとき
また戦争が起こることはどんな誰が、見ても明白だ。

戦後70年。一度原爆の状況を見て欲しい。
戦争がおこれば、70年前より科学技術が発展した今、もっと悲惨な戦争が起こることは容易に想像ができる。

安保法案、参議院でも60日ルールを持ってして可決されるのだろう。目先の利益に囚われないで、是非投票に行ってほしい。

消費税の税率を上げるまに総選挙があった。是非もう一度、総選挙をして、安保法案に関する可否を国民に任せて欲しい。
私のような意見の人間は、きっと多いと思う。プロミス審査

消費者金融は身近なもの

s-20150114133652139279借金をした事が無い人にとって、消費者金融業とは、不可解なものではあると思います。テレビの闇金融のイメージをそのまま消費者金融業と当てはめている人もいるかも知れません。

しかし、例えば、震災で家族を失くした者や、生れながらにして誰一人頼る身寄りが居ない人にとっては、頼りになる存在であるのです。

消費者金融業は闇金融とは全く違うシステムであり、銀行のカードローンや、信販会社のクレジットカードと、殆ど同じようなシステムなのです。

そのようなシステムを借入のみの単独の業務を行う企業であるのです。毎月安定して継続有る収入のある人がきちんと返済できる人のみが、消費者金融業でお金を貸して貰えるそんな感じなのです。

だから、本当に身寄りの無い人が、ちょっとお金が足りないなっと思った時に気軽に誰にも相談できない場合にとても身近な頼りになる拠り所であると思うのです。

自分たちの手の届かない所では無くて、生活圏内で、身近な企業なのです。親代わりのようで、信頼出来る人の身代わりのように利用できるものなのです。

大手消費者金融業では、テレビのコマーシャルなども放映しているように、信頼も出来る安心した企業であるのです。だから安心して依頼すると良いと思います。

審査が甘すぎる消費者金融にご用心

パソコン バツお金が足りない時には借入をして、その場をしのごうとしますが、何処で借りるかによって、先に安全性があるか無いかが決まります。

借入は銀行や、信販や、流通や、消費者金融などが取り扱っていますが、何日間か無利息とか、ポイントが着くとか、色んなお得なサービスがある企業もあります。

そんなサービスと付けれる金融業は安定している大手の企業が多いのですが、逆にそんなサービスを付けて客引きをして後が怖いというのもあるのです。

例えば、審査なしとか、収入無くても車を担保とかの甘い審査で通る消費者金融です。これは、ヤミ金融業と呼ばれるところかもしれないのです。

ヤミ金は賃金業を登録してない所と言われますが、ちゃんと登録をしている消費者金融でも、闇に隠れてこっそりと、莫大な高利貸しを行う企業もあるそうなのです。

だから、余りにも審査が甘すぎる消費者金融は、少し考えて用心して見た方が良いでしょう。

甘い審査は、気軽な感じもしますし、お得感もありますし、借り易くて便利にも思いますが、契約時の契約書や約款をちゃんと理解して読まないと、こんな事が書いてあったのかとびっくりするような事にもなりかねません。

甘い話には危険がつき物と言う金融業もありますので、初めは甘かったけど、後が怖かったとならないように確認する事も必要でしょう。

消費者金融に借りると賢明

s-20140409111611240364今、世界では戦争が起きていますが、日本の国内では安全です。もしも近場で、戦争が起きていたなら、先はどうでもよいわっと言う生き方になりますが、安全圏内に生きているのであれば、きちんとした生活を送りたいものです。

お金が無いと、引ったくりや、泥棒や、詐欺的な犯罪を起こすような事をせず、人として貞操観念を持って、きちんと筋道を通る生き方が出来るはずなのです。

もしもお金が無いのなら、お金を貸してくれる企業があるのです。消費者金融業と言う、賃金業者に頼って見るのも全うな生き方なのです。

消費者金融でお金を借りる事は、それは正しく賢明な事であって、お金が無い人にとって、道理をわきまえて、合理性を持った道を進んでいるのだと思います。

今、手元にお金が無いので、借りて、毎月ほんの少しの利息と、毎月ほんの少しの借金を返済するだけで良いので、借りる側にとっては、甘く優しい返済方法を考えてくれているのです。

借金をしても無理なく、返済できるようになっています。こんなにも安全な、消費者金融業は、借りた側の状況をきちんと解ってくれてシステムを作っているので、ありがたいです。

お金が無いのなら、先を明るい未来にしていくために、今を乗り越える為に、一時期借入をすると良いと思います。